極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニドルの可愛さが五臓六腑に沁み込んで苦しい。



半角ピンクエログさんから、画像集です。

内容とは全然関係ない話になっちゃうんですけど、子供の頃「五臓六腑」という言葉を初めて見聞きしたとき、何かよくない表現だと思ってました。

大体は誉めるって言うとちょっと違うけど、良い意味で使うじゃないですか。
気持ちいいとか、生き返るようだとか。

それを「内臓にダメージを加えるもの」みたいな、間違った印象を抱いてました。

なんかこういうのって無いですか?
五感や漢字の使い方で誤解するようなこと。

懐メロも夏のメロディだと思ってたし。

そういった間違えは大なり小なり誰でもあると思うんですけど、僕はその勘違いを中々訂正できない頑固者。
一度頭にインプットしたものを最後まで信じて、後で泣きを見る結果も屡。


小学1年生の頃、「右」「左」を逆に覚えてたんです。
つまり、「右」を「ひだり」と読み書きするものだと。

箸を持つ方が「みぎ」、茶碗を持つ方が「ひだり」というのは覚えてるから、頭はひらがなで先に覚えたんでしょうね。

家で宿題をやってるとき、リビングでやってたもんだから親が覗きます。
『「みぎ」を漢字で書け』って問いに「左」って書いてるもんだから、逆だよバカみたいな事を言われるわけですよ。

それでも僕は持論を曲げず、いやいやご両親、正しいのは当方でござると全く訂正せず。

その後、漢字の書き取りテストでも同じ過ちを犯して、それでようやく反省・訂正する、かと思いきや先生を責める僕。

「先生!これ合ってるのにバツにしてる!差別だ!謝罪とばいs(ry」

あの時の先生の寂しそうな顔、忘れられない。

「あぁ…この強情なバカになんて教えれば伝わるのかしら」という達観した表情。


結局、僕は納得したわけでもなく、かといって「そうか、自分が間違ってたのか」と反省するのではなく、大人の圧力に屈服する形でようやく「右は、みぎ」と認識させられる事になったわけです。

ちょっとアホが過ぎますね、当時の僕は。
アホのくせに自分を過信するところは父親にソックリです。







90年代後半の頃、「21世紀は2000年からだ」と強情に言い張ってた父親を見て、DNA単位でこの血には逆らえない事を悟った。


http://hankaku.2chblog.jp/archives/51785655.html
http://xvideosmovie.com/archives/9886

yourfilehostのリンク切れの場合は⇒Vid-DL18plusがお勧めです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

極東みのるjr.

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。