極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子の、とにかく画像集。



アダルト動画画像の壺さんから、問答無用で画像集です。

今はこういう画像集がネットでお手軽に見られるようになって良いですね。
僕が思春期の頃に出会いたかったわ。

僕の思春期の頃と言えば、パソコンもネットもあったけど今ほど一般的に普及してなかった時代。
パソコン=インテリというイメージがあって、親にねだったりバイトして金貯めて買おうなんて思いもしなかった時代。

でも思春期の男子にはエロス収集は欠かすことの出来ないコンテンツです。自賠責保険みたいなもんです。

まだ当時は規制も緩かったし、学生服を着たままコンビニでエロ本も普通に買えてたけど、今の思春期ボーイたちはどうなんだろ。
家にパソコンがあってインターネットを自由に見られると言っても、全家庭がそうだとも限らないし。

仮に家にパソコンがあっても、家族共用のケースが何となくの想像ですが、多いような気がしないでも無い。

でもね、いわゆる草食系男子と呼ばれる人たちはエロい毒素を抜かれてるかと思えば、僕はそうじゃないと思うんです。

皆その辺を通過してるのは当たり前で、草食系男子の増加は、思春期の頃にエロスのほとんどを手に入れてるのが原因とも考えられないだろうか。
もちろん元々の性格的な部分もあるだろうし、草食系は優しいイメージがあって女性受けが良いからそこを狙ってる男子もいるかも知れない。

でも、ギリギリネットが無かった世代だった僕らの年代は妙に草食系男子が少ないような気がするんです。
思春期の頃、エロ本を借りたりエロビデオを擦りきれるほど見たりはしたものの、同じオカズを使い回すしか無かった僕ら。

つまり欲求不満を常に抱えていて、あれが見たい・これが見たいという願望を生身の女性にぶつけるしか方法が無かったわけです。

僕は草食系男子に近い部類に入ると思いますが、それもこの図式が当てはまります。
あのエロスに関しては狂人のような隆盛を誇った父親に育てられ、ポルノ、エロビデオ、無修正ビニ本、無修正の裏ビデオ、それら全てを10歳に満たない頃に通過した僕にとって、欲求はそれほど大きなものじゃなかったのです。

もちろんそれらのアイテムを僕が見たのは、父親の意図するところでは無かったけど、意図してない割には全然隠す気が無く、簡単に見つける事が出来るレベルでポンと置いてあるだけ。

当時はエロシーンがゴールデンタイムに流れる事がありましたが、家族で見てると気まずいムードに…なんて事は、我が家に限っては無い。
まず父親が狂喜乱舞してる。よっしゃもっと見せろとか言ってる。

思春期が来る前に、一通りエロスが僕の身体を貫通してると、女性に対して人並み以上の性欲を感じないんです。

例えばAVって、ストーリーなりトークなりがある、前戯がある、セックスがあるって流れじゃないですか。
僕はその前戯部分でオナニーが終わるんです。

セックスシーンでオナニー出来ないわけじゃないんですけど、8歳の頃に無修正で女性器が映ってる雑誌を見て以来、ちょっとしたトラウマになってるんでしょうね。

毎度同じ話ばっかりで恐縮ですが、やっぱり僕が育った環境は草食系男子を作り上げるだけの条件を揃えていたように思います。


そんなわけで、ただのパンチラでオナニーしたり、別にエロアニメでもない一般アニメでオナニーしてる僕ですが、今後とも宜しくお願いします。





同級生の中には中学生になる子供がいるような年齢で、僕は昨夜、DB無印のDVDでオナニーしましたけど宜しくお願いします。


http://hug2.biz/2012/03/s-31.html

yourfilehostのリンク切れの場合は⇒Vid-DL18plusがお勧めです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

極東みのるjr.

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。