極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子の、アレな女の子の画像集。



半角ピンクエログさんから、具体的には言えない画像集です。

長いことエロ収集をしてますと、何度かガッツリ画像にハマる時期がやってくるものです。
これは誰でも言えること。僕の父親もそうでした。

毎度お馴染み、海道一のド変態として我が家だけを震撼させて父親話です。

僕の父親はエロかった。
そりゃ男は誰でもエロい。
でも僕の父親が他と一線を画してたのは、エロさを誰が相手だろうが余り本気で隠してなかったこと。

僕はネタのように「まだ子供だった僕の真横でポルノ映画観てた」と書いてますが、一度や二度じゃありません。

実際にはオープンなのはそんなものでしたが、誰でも見れる場所にヌードグラビア率の高い週刊誌がポンと置いてあったり、押入れに隠すという意識が欠落してるのか押入れを開けたらまず最初に目に飛び込んでくる場所に洋物無修正のビニ本が置いてあったりとやりたい放題。

むしろ自分のエロスを誇りに思ってたんじゃないかしら。
男は誰でもエロいもんだ。

『こうやって日常に溜まったエロス的なストレスを発散して何が悪い。性犯罪に走るよりマシだろうが』

父親はそういう風に考えてたような気がします。いや、自分の嫁に発散しろ。


父親の三十代から四十代の、一番脂がのりきった時期にアダルトビデオは全盛を迎え、動画でエロスが楽しめるようになっても、我が家からヌードグラビアが消える事はありませんでした。
で、面白いことにたまに一切エロスが見当たらない時期とかもあったんですよ。

あれは父親の「今は画像より動画」という意識だったんじゃなかろうか。当時の感覚で言えば「写真よりビデオ」

歴史は巡る、父親は僕にそう教えてくれました。もっと高尚な位置から教えて欲しかった。





父親所有のエロビデオを見つけたとき、子供がどれほどヘコむか考えてくれ。

水着の着用が義務づけられてる混浴温泉に、全裸で突撃。で、勃起。



薔薇にゅーすさんから、衝撃映像です。

この性意識が明確になった現代でも、混浴温泉は存在します。
時間限定も含めればかなりの数。

水着着用のところがほとんどですが、中にはそういう取り決めが一切ない場所もあるんですよね。
水着禁止ってところもあるかも。そこまでは知らん。

でもね、女子ならずとも混浴温泉に入るなら男だって水着を穿きたい。僕なんかは特に穿きたい。

早漏だったらセックスする相手以外に知られる事じゃないし、まぁその割にはネットで公言してるからアレなんですけど、第三者が知る事はそうそう無いじゃないですか。

でも短小だけは違う。一目瞭然にも程がある。

ある事情で包茎では無いんですが、それだけに小ささが目立ちます。
父も弟も仮性なので、僕も本来であればそうだったんでしょうね。この話はその内書くとして、とにかく小さい。

男としてはそこを見られるのが、男子たるもの猛者でありたいのに、こんなキューティクルなチンコ見られたらドン引きですよ。場内騒然。

だから混浴を見つけたとしても、水着着用義務のあるところじゃないと僕は嫌だなー。
水着禁止っておばちゃん以降しかいなさそうな気がするのが一番の理由だけど。



よく手が小さいと言われるので、勃起してもタカが知れてます。

あと、鼻が小さいです。


なんか今日チンコに対する劣等感でいっぱいだな、この記事。

黒髪(巨乳)と温泉に行ってきました。



乳之蔵さんから、衝撃映像です。

僕がいかにパーツをメインとして女の子を見ているのかがわかるタイトルですね。

さて温泉旅行。
温泉旅行で思い出すのは、ケツ。それも男のケツ。

僕がまだ20歳かそこらの頃、今でも現存してるセルビデオ販売店でアルバイトをしてました。
多くはないけど全国にそれなりの支店があって、決して小さくは無いチェーン店といった具合。

セルビデオと言われれば大体の人は予想できたでしょうが、その通り。とどのつまりはエロビデオ屋。

店にある8割のビデオはエロビデオという店。
僕はそこで長く働いてて社員さんからの信頼もあって、発注も僕がやってたりしてました。(当然、決定権は社員)

20歳のまだ幼さ残る青年がスカトロビデオを発注したのも、それはそれで何か大切なものを失ったようにも思えますが、それはまた別のお話。

で、そのチェーン店を統括する本社で慰安旅行じゃないけど、ちょっと皆で温泉でも行きませんかって企画が持ち上がりました。
社員さんはほぼ強制参加だったらしいんですが、アルバイトも希望者がいれば拒みませんよって旅行。

自腹切るのはこっちなのでそりゃ拒まんだろって思うんですが、当時バイトが楽しかった僕は行ってみる事に。


当日驚いたんですけど、ほとんど男。60人ぐらいいたのかな、そのうち女性は3人しかいなかった。なんだこの会社。SODみたいにもっと女性社員集めろバカ。
これが制作会社と販売会社の決して越えられない壁ですね。

場所は熱海と実にベッタベタな展開ですが、それでも僕は楽しかった。

泊まったホテルには露天風呂があって、温泉好きの僕は寝るまでに10回ぐらい入ってたんですが、何度か同じショップで働く社員さんに遭遇したんです。


で、その社員さんがごっつ女湯覗いてた。


男湯・女湯の境界線には仕切板みたいなものがあるんですが、ホンのちょーっとの隙間は確かにあるんです。
僕も男ですからその隙間を覗いてみましたが、ホンのちょーっとなので微かにボヤけて女湯が見える程度のもので、仕切の向こうにいるのが人間かどうかの確認さえ出来るレベルじゃなかった。

それでも必死に覗いてるのね。何度も鉢合わせしたけど、漏れなく覗いてた。


この人、大人しいイメージだったけど根強いドスケベだったんだなーと感心したものです。

で、その結果何度も何度も見せられたのが、その社員さんのケツ、という事です。

旅行も楽しかったし、社員さんとの仲も僕がバイトを辞めるまで悪くなかったし、色んな思い出を作れたアルバイトだったなぁ。



ちなみに、その社員さんは堂々と覗いてたんじゃなく、僕が男湯に入ると慌ててゴマかすような、中学生男子タイプのムッツリスケベ。

「今見た事、内緒にしてくれるかな?」って言われた。




何度も言われた。
何度も見たからね。

盗撮。デリヘルを頼んだ男、プレイを全て盗撮。全て公開。



アダルト動画dotbizさんから、盗撮映像です。

考えたら怖いのね、デリヘルって。
こんな風に盗撮カメラを仕掛けられてる可能性もあるって事ですよね。

カメラを仕掛けた部屋に女の子を連れ込むってパターン多いけど、なかなか敷居が高い。なかなか女の子連れ込めない。そもそも女の子に話しかけられない。

そんなチキンボーイな僕でも、デリヘルなら話は別。
僕が住んでるマンションはピンクチラシの配布を許可してないけど。前に管理人さんがポスティングの若い男性にマジギレしてたけど。

なんにせよハードルが高いですね。
なんかカメラを持ってる事を大前提にして話してるけど、持ってないしね。

一人暮らしの男、彼女いない、友達いない、趣味は風俗、何かと言うと出会い系、たまの休日はレンタルビデオ屋でAV10本単位で借りてくる。

ね?カメラを持つ理由がどこにも見当たらないでしょ?




その前に、そろそろ僕を何とかした方が良い、日本。国家ぐるみでどうにかした方が良い。

流出。アジア旅行の現地ガイドが可愛すぎたのが、この旅のそもそもの誤りでした。



エログ大魔神さんから、流出映像です。

誤りでしたって言うか、もう旅に集中できませんわって話です。

本当にあった話です。僕の友達の話。
僕の友達が結婚して、新婚旅行に行った数年前の出来ごと。

長年付き合ってた彼女とゴールインし、ついに彼も夫という立場になりました。
結婚式に呼ばれ盛大に祝って、花嫁のスピーチで感動し、「良い式だったよ、おめでと」と言葉を残して彼らと別れました。

次に会ったのが「新婚旅行のお土産があるから会おう」と言われ、レストランで。

ちょうど幸せいっぱいの時期の筈なのに、何故か彼は浮かない。
話を聞いてみると、早速奥さんを怒らせてしまったと。

新婚旅行は花嫁たっての希望で、南フランスに行ったそうなんですが、旦那はもちろん花嫁もフランス語を知らない。

花嫁さんが南仏を希望したのは、とある歴史的建造物を観たかったからだそうですが、出来れば解説してもらいたいと。そこでガイドさんを呼んだそうです。

まぁこちらの動画を見ればわかるけど、ごっつ可愛かったと。結婚早まったと。それぐらい可愛かったんですって。
現地フランス人の人じゃなく、いや正確にはフランス人なんですけど、日系の人だったらしく、それほど外人さんに興味も無かった友達も、最近まで日本人だった女の子とくれば話は別。

フランス人男性と結婚してるので、ガイドさんには手を出せないけど、せめてものよすがにガイドさんの可愛くも美しい笑顔をこの目に焼き付けておきたい…と思ったらしく。

ガン見だったんでしょうね。奥さんマジギレですってよ。

これより数年後の現在、とりあえず夫婦関係は続いてるそうですが、今でもギクシャクする瞬間があるとか。

友達からすれば、結婚したばかりとは言え、付き合ってる期間が長いから見慣れた彼女より、そっちにちょっと目がいっちゃっただけなんですよね。
これは同じ男として、ぶっちゃけわかります。

結婚してないし彼女いないけど、わかります。




ミキちゃんを指名しようと思ってたんだけど、30分待ちますけど良いですかと言われ、じゃあユナちゃん空いてますか?と瞬時に尋ねる僕だから、わかります。

結婚も風俗も同じだろ?(鼻ホジ

無修正。自分のセフレを友人に差し出し、そればかりか乱交。



エロゲバさんから、衝撃映像です。

セフレ。セックスフレンド。最近ではセクフレなんて言うそうですね、スタイリッシュに。

都市伝説じゃないの?

でも実際、セフレと言うのは存在してるのです。
男女ともに「セフレ」という概念ではなく、自分の事を「彼女だと思ってた」「彼氏だと思ってた」ってパターンも含めたら、結構な数になるんじゃないかしら。

いまこの時も、この日本のどこかで誰かがセックスしてるのかと思うと、オナニーするのがバカバカしくなります。でもオナニーに励みが出ます。Mだから。

僕はセフレどころか彼女もいないし、って言うか今年もあと1カ月強しか無いのに今年童貞だったりするほどにセックスからは縁遠い位置に君臨しています。
セフレが欲しいとは思わないけど、セフレにさせて下さいお願いしますとは思ってます。

どうせ体だけの関係なんだから誰でも良いんです。ガッキーでも佐々木希でも誰でも良いんです。





ここ最近、コメントが支離滅裂なのは、ストレスからだと思います。
支離滅裂が服を脱いで歩いてるような存在が僕です。

ストレスって言うか、ノイローゼなんじゃなかろうか。

エロくて狂ってる催眠治療。



動画像さんから、衝撃映像です。

枕言葉のように「衝撃映像です」って書いてますけど、ほんとにこれは衝撃映像。
なんか早送り出来なかった。食い入るように見つめてました。

この動画を初めて見たのは日曜だったんですけど、秋晴れの過ごしやすい休日を台無しにしたほど食い入りました。食って入りました。

グロでも何でもないし、見た人に嫌悪感を与えるような類の動画じゃないけど、ちょっとだけ閲覧注意かも。普通じゃないから。およそ普通じゃないから。

日曜の、あー今日は天気も良いし、どこか行こうかなーって思ってる午前中、こんな動画を見てごらんなさいよ。なんかもうどうでも良くなるから。他にこんな動画ねーのかってめっちゃネットサーフィンするから。
どれぐらいどうでも良くなるかって言うと、その日の午後に予約してた美容院に、普通に行くぐらい。

なんだよ、それじゃ普通じゃねぇかよ、予約キャンセルしたのかと思ったのに、なに普通に行ってんだよ。うるせーよ、いいじゃねぇかよ、美容院の予約取り消すぐらいの衝撃受けるわけねーじゃねーかよ。第一「普通に行く」って言った答えに「それじゃ普通だ」はおかしいだろ。頭は生きてるうちに使えよこのウジ虫が。





そんなわけで、オシャレ短髪にして生まれ変わった僕を見てください。見れません。

何の話でしたっけ?

無修正、美しいアソコの娘。外見とは裏腹。



アダルト動画画像の壺さんから、衝撃映像です。

アソコってほんとその人の性生活を現わしてませんよね。
処女なのにやけにグロマンだなーって子もいるし。

大して男はどうなんだろ。やっぱ黒くなっていくのかしら。

僕は黒いです。それでいてめっちゃオナニーしてます。
この辺は正比例するのかしら。

でも仮にそうなら解せぬ事も。

僕の友人で、実にヤリチンな男がいます。
初体験が小学生の頃で、近所のお姉さん的な存在の人に無理やりヤラれたとか。

そんなエロゲみたいな展開が実際にあるのかと思うんですけど、彼は何故かモテる。異様にモテる。

彼は実にブサイクで、高身長ではあるものの体型もダラしない。
昔は痩せてたからモテるのもわかるんですけど、今でもモテるのが解せぬ。

彼がモテるのは2つの原因があるんじゃないかと勝手に推測。

1つは、ブサイクと言っても嫌悪感が身の内から溢れ出るタイプのブサイクじゃないという点。
目・鼻・口・輪郭、どれをとってもハンサメンの条件を満たしてるわけじゃないんですが、見ようによっては怖い顔になり、見ようによっては優しい顔になる。

プロレスラーの高山を想像してくれれば良いです。顔も体型も。


そしてもう1つは、彼は実に早熟だったという点。
初体験を早々に済ませた彼は、周囲の誰よりも早く「大人」になり、同時に大人としての計算力を身に付けたわけです。

高校生の頃は、ブッサイクな面ぶら下げていやがるクセに、クラスの女子半分を喰ってしまい、クラスがギクシャクする結果に。
これは彼本人から聞いたんじゃなく、当時のクラスメート(しかも女子)から聞いたので間違いありますまい。

だから優しいと言うより、正確には女性の扱いに慣れてるんでしょうな。


彼は基本的に彼女が途切れた事が無く、いつ会っても誰かしら彼女がいるという現状。
冗談なのか事実なのかはわかりませんが、オナニーした事が無いと言ってました。セックスするから。彼女いなくても風俗行くから。

性に乱れた友人ではありますが、彼の経験の豊富さは他に類を見ないほどであり、セックス経験数は僕の友達史上で断トツ一位だと思います。

前置きが長くなりましたが、彼のチンコはめっちゃ白い。銭湯で見た時ビックリした。
そのキャンパスに何を描くか悩んでいるかのように白い。

見た目も中身も乱れてるのに、チンコはピュアって事もあるのだと実感した次第です。





洗剤コーナーで「驚きの白さ」を見る度に、彼を思い出して辛い。オナニーばっかりしてる自分が憐れで辛い。


店員に犯される女の子。お母さんに助けを求めようと思ったら、そっちも犯されてた。



ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、衝撃映像です。

お買い物に行ったら母子共々犯されたでござるの巻です。

親と買い物って、どれぐらいまで行ってました?
まぁ女の子は割とずっと行けるけど、男子って生き物は親離れが早いじゃないですか。特に母親離れが。

人それぞれでしょうけど、大体は小学校卒業して中学に入ったぐらいの頃から、余り親と外出したくなくなりますよね。
母親と並んで歩いてるのをクラスの女子に見られたら、もうチンコを見られたも同然の恥ずかしさ。チンコ見たならヤラせろやと独自理論を展開。いや失礼。

姉妹兄弟となら問題は無いのに、なぜ親と一緒に行動するのが嫌か。
思春期だから子供に見られたくないんですよね。単純に。

親と一緒じゃないと何も出来ないと思われるのが嫌なのです。

親からすれば寂しい事かも知れないけど、でも子供はそこから社会性を学ぶんです。何でも一人でやるようになるから。

わかりやすい例で言えば塾。
中学の頃、塾に通うように言われて、目星を付けた塾に通う事になりました。

僕は母親と行動するのが嫌で、中学に上がったんだからもう親は出てこなくて良いと告げて、一人で入学手続き全てをやりました。
まぁ当たり前のことなんですけど、この時の経験は高校受験の時に役立ちましたから。

僕の母親は田舎町で育ち、結婚するまで多分生娘、しかも女姉妹だらけの家庭(四姉妹、男兄弟無し)の環境で育った甘ちゃんだったので、子供大好き人間でした。
だから最初の頃は寂しかったでしょうね。いわゆる「男子」を身近に知らなかったから。

当時の事を聞いてみると「男ってのはこういうものなのか」と新鮮な気持ちだったそうですが、こういうものです。

子供の頃の母親に対するイメージは、優しく大きい、だけどめっちゃ厳しいって印象。
男子ってのは、そのイメージを打破する事で大人になってゆくのだよ、母。




他に「年頃の男子はこういうものなのか」と思った事について、「毎朝勃起してた事に驚いた」って言い放ったお前も大概だわ。

チアガール見てチンピクしたらスポーツ観戦に行こう



ぷるるんお宝画像庫さんから、画像集です。

チアの本場と言えばアメリカ。
日本では花形スポーツを応援するチア、みたいな印象がまだまだ拭い去れてないですが、本場アメリカではチアそのものが花形スポーツなんですよね。

運動量はとてつもなく多いし、ケガも多い。普通のスポーツと変わらないどころか、練習はもっと激しいかもってレベル。

なんでそんな事に詳しいかと言うと、チアリーディングを取り扱ったエロ漫画読んでたからです。

それは良いとして。


子供の頃、僕の家では毎年夏になると兵庫県に行ってました。
父親が兵庫県の出身で、ただの帰省だったんですけど、甲子園も割と近かったので毎年のように高校野球を観に行ったものです。

僕とチアの出会いは、それが初めてでした。出会いっていうより、僕が一方的に見てただけなんですけど。

もちろんチアは学校応援席みたいなところにいるので、ただボンヤリ暇だし父親が連れてってくれるから行ってただけの僕の近くにいるわけじゃないんですが、当時はそれでも衝撃的でした。

ミニスカートのお姉さんたちが、パンツ見えようがお構いなしに踊り狂う様に興奮したのを憶えてます。
当時、こんなミニスカ見れるなんて、あだち充の漫画かドリフ大爆笑のOP・EDぐらいしか無かったから、性的な刺激の少ない子供には堪らぬ存在。

僕と父は座ってた席からはちょっと遠かったけど、それでも試合そっちのけでチアガールのお姉さんがたをガン見してました。

たまにハッと我に返って、まだ思春期前って事もあって「こんなスケベな事じゃイカン!」と思って父を見ると、父もごっつ見てた。なんだこの親子。何しに来てるんだ。





しかも、年っていうか年代バレるような事を言うけど、その時はフィーバーしてた桑田・清原がいたPLを観に行ったのに、チア見てた。

ニュースにもなるほどの大量点を取った記録的で歴史的な試合の最中、ずっとチア見てた親子。

最新記事
プロフィール

極東みのるjr.

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。