極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんが変態で困る。私の友達に悪戯する鬼畜で困る。



ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、衝撃映像です。

実は僕は妹萌えがありません。
妹のかわりに姉がいて、その姉に対する嫌悪感が子供の頃からあったので、姉・妹というより「同一環境下において同年代女子の存在」そのものが嫌だったんだと思います。

極端な女性不信にることもなく、体育の着替えの時に横目に全神経を集中させてミユキちゃんの成長過程にある胸を凝視してたりだったので、まぁ所謂男子としての好奇心はちゃんと育ってたわけです。

男兄弟だけで育った、一人っ子だった、姉か妹はいたけど仲が良かったって人なんでしょうね、姉妹萌えってやつは。

姉とは今でも仲がよろしくなく、出来れば姉が帰省するタイミングで帰りたくないレベル。
昔ほどの険悪さは無くなったけど、ちょっとうへぁってなる事は間違いないので、法事ならともかく必要性の薄い帰省なら避けたい、そういった関係性。

昔はとにかく(思春期でもあり自分の反抗期も手伝って)姉の性格が単純に嫌いで、しかも向こうは子供の狭い社会では格上なので抑えつけられるわけです。

全然納得してないし、自分は悪くないと胸を張って言える事でも、最終的には「お姉ちゃんの言うこと聞きなさい」で終わります。

親も親で、女の子であり長子でもあった姉を信頼してたんでしょうね。
僕は悪ガキタイプじゃなかったけど、まぁ男子と女子を比べればどうしてもね。

大人になって客観視してみれば、姉は嘘つきだったし自己保身のためなら相手を蹴落とす人間だったとわかるんですけど、当時は「なんで僕が悪くなるんだ…」と思い悩んだものです。決定的に頭が悪い。


素直でお兄ちゃんお兄ちゃんって慕ってくれて、可愛い妹なら欲しいと思ってたけど、「女というものはズル賢い」ってのが子供時代の僕の女性評でした。そりゃ妹萌えなんか出てきますかいな。






素直でお兄ちゃんお兄ちゃんって慕ってくれて、僕に可愛い女友達を紹介してくれて、ヤりたい時に都合よく家に来てくれて別れる時に後腐れの無い巨乳のセフレになってくれる女友達を紹介してくれるなら、妹が欲しいです。

妹、男性不信。レズにさせてしまう自信あり。

友達のお兄ちゃんにエッチな事を教えてもらいました。



オメライン99さんから、衝撃映像です。

わかるわかる。
これぐらいの年頃って、友達の姉ちゃんが気になる存在だったりしたわよね。

「あら、○○のお友達?こんにちは~」とか言われたら、抱いてくれとしか発想が出てこない。
これのケースとはちょっと違うけど、教えてほしいって点は一緒。

僕の友達A君は、高校時代の友人の家に遊びに行ったら、凄く可愛いお姉ちゃんがいて度肝抜かされたと聞いた事があります。
当の友人はと言うと、メガネをかけた良くも悪くも普通の男子ってレベルだったのに、姉ちゃんが考えられないほど可愛いんですって。

それからその友人の家に何度も姉ちゃん目当てで遊びに行っては、会ったり会えなかったりで一喜一憂する学生時代だったそうです。

そのうち姉ちゃんとも仲良くなって、3人で遊んだりする事もあったそうな。
じゃあ好きだったの?って聞くと、そうでも無いんですって。

年上への憧れもあるけど、余りにも可愛すぎて綺麗すぎて、そういう対象にすらならないとか。


で、その姉ちゃんはその後、美貌を活かして芸能界入り。
最近は結婚して余りテレビに出なくなったけど、今の20代から40代ぐらいまでなら知らない人はいないほど超有名人に。

特徴のある顔だから可愛いとか綺麗とか万人に言われるかと問われれば、その辺は微妙かも知れませんが、一般人から見れば確かに飛び抜けて綺麗。

男が見て「いいねー」って言われるより女性が見て「素敵だわー」って言われるタイプ。
そう考えると「綺麗過ぎて恋愛の対象にならない」って言ったA君の気持ち、わからないでもない。





その割にはその某タレントが結婚した時は歯がみしていたA君との友情をこれからも育んでいきたいと思います。

小さな身体が悲鳴をあげる、女子に挿入。



エログ大魔神さんから、衝撃映像です。

そんな時こそ僕の出番。
任せてください。

チンコの小ささなら負けません。
何と言っても優しくした覚えが一切ないのに「処女だから優しくしてくれたんだね」と言われた逸話をもつ僕です。

つまりですね、僕のチンコは優しいのです。
快楽を求めるセックスアニマル女子だったら僕の屍を越えていきそうなチンコですが、小さな身体には適合してると思ってください。あと、僕を慰めてください。


それはそうと、ちょっとこの動画の主題とは外れてしまうんですけど、やけにおっぱいを気にする女性は多い。

以前付き合ってた彼女の話なんですけど、おっぱいが小さい事を気にしてました。
客観的に見れば、まぁ大きくは無いけどギリギリ貧乳路線に入るかどうかぐらいで、特筆するほど小さくはないんです。

決して巨乳じゃないけど、貧乳カテゴリに入れて良いものかどうか。

ちょいちょい「小さくてごめんね」って言われたんですけど、それ言われると僕困る。ごっつ困る。

いやいや、僕のチンコこそ小さくてごめんね。そこが一番重要なコンテンツなのに小さくてごめんね。
あとチビでごめんね。並んで歩くとほとんど同じ身長でごめんね。
ついでに言えば心も小さくてごめんね。おっぱいの大きさより、テレビのリモコンを操作した後にポンと放るお前の癖にイラっとしてごめんね。

こっちの方が謝る個所がたくさんあるのに、なんで女性はおっぱいの小ささ?を気にするんでしょうか。

確かに僕はおっぱいが好きですよ。
それどころか巨乳好きですよ。
風俗に行く2~3回に1回は巨乳系に行ってますよ。足繁く通ってますよ。

でもそれとこれとは話が別でしょ。

僕が巨乳好きなのは知ってる上での発言でしょうが、小さいのに付き合ってるって事は、これだけおっぱい好きなのに度外視させるほど自分に魅力があるんだわと思わないんですね。ちょっと不思議。

僕は確かにチビだし短小だし、そこは強烈なコンプレックスに持ってるけど、そんな僕と付き合ってくれる彼女に感謝してるし、それなりに自信もついたけどなぁ。






ちなみに、別れた理由は寝てるところをおっぱい弄ったりアソコ触ったりしたからです。
このブログで何度も触れてる、あの理由です。


チビでも短小でも気にならないけど、変態は嫌だってさ。皆も気を付けような!

両親は旅行。留守番中の娘は性奴隷。



オメライン99さんから、衝撃映像です。

子供の頃って、妙に留守番が楽しかったですよね。

四六時中、親と一緒じゃなきゃ嫌だ!って言うのはまぁ幼稚園に入るぐらいまで。
それ以降は親がいなくても平気になってきます。僕の場合は姉がいたから、その意識も早かったかも。

で、小学校に上がる頃には、すっかり親の外出=開放感って図式が成り立ってます。

テレビの音量を無駄に上げたり、キャッホーとボール遊びをしたり、それこそ親のタバコや酒にトライしてみたり。

どれも親がいると出来ない事。
前者二つはともかく、後者のタバコと酒に関しては烈火のごとく怒られるわけです。

あまり子供に手を上げるタイプじゃなかった両親から数少ない殴られた経験の一つが、このタバコです。

まだ8歳かそこらの頃だったんですが、親の留守中にタバコに火を付けて吸ってみた事があります。
父親は喫煙者だったし、子供の目の前で平気でタバコ吸う人だったし、っていうか赤ちゃんの僕を咥えタバコで抱きあげてる写真があるので悪質な人だったので身近な環境にタバコはありました。

当時は映画やドラマでもタバコを吸うシーンが多かったし、子供心に美味しそうだなーってのがあったんですよね。


でも神様はちゃんと見てるものです。
そういう時に限って、例えばパートに行ってる筈の母親が早く帰ってきたりするんです。

鬼の形相でこちらに向かってきたかと思えば、僕の頬を平手打ちでバシーン!と。耳がキーン!って。なかなか良いフック持ってるじゃねぇか、母ちゃん。

この時の事を、僕が大人になって笑い話的に母親が語るところによると、とにかく火遊びを注意したかったんですって。

当時はね、ぶっちゃけると今ほどタバコが社会悪ってイメージでも無くて、もちろんダメだけどそれこそ未成年の子がタバコ吸ってても「外で吸うなよ」と注意される程度の時代。まぁ7~8歳が言語道断なのは時代関係ないけど。

それよりも、簡単に火がついてしまうアイテムがあるからこそ、火の恐ろしさを叩きこまないと!って思ったんですって。
実際、父親に分煙してもらって子供の目につく場所にライターが無かったとしても、灯油式のストーブとかコンロとか、簡単に火で遊べてしまうもんね。


僕も今じゃ普通にタバコを吸うようになったけど、やっぱり親戚の子がいる前ではタバコを吸わないし、近寄ってきたらテーブルの上に置いてあるタバコとライターをしまいますもんね。危ないし。








留守番中にオナニーしてたら見つかったって事書こうと思ったんですけど、5~6回あったのでやめました。

その5~6回目に見つかった時、オナニーとかそういう事じゃなく「お前には学習能力が無いのか!」って怒られた。

路傍で放尿させられ、悪戯される女の子。



薔薇にゅーすさんから、衝撃映像です。

さすがに都心部に住んでて立ち小便をする事は無くなりました。
これは人が多くて恥ずかしいって意味じゃなく、どこなりともトイレがあるから。

僕が住んでた田舎はそもそもコンビニが無いし、個人商店とかでトイレ借りるのもちょっと憚れるし、店探すよりいくらでも林があるからそこでする方が早いし。

外で小便なんて男の特権だよねーと思うけど、実は女の子もしてますよね。
公園の傍らでお母さんに「シーコイコイコイ」って言われてる子を見た事がありますよ。

立ち小便の卒業時期が早いだけで、実は女子もやってました。

でもさすがにこれも時代ですかね。最近じゃめっきり見かけなくなりました。
川沿い・山沿いみたいな、町から離れた場所だとやってるかも知れないけど、今は田舎でもトイレを借りれる店がたくさんありますから。

僕が高校の頃に住んでた町なんかも、当時は近所のコンビニまで車で10分ってレベルだったし、18時には閉まっちゃうような個人商店が点在してるような不便な場所でした。

僕が上京して、その後実家も引っ越して帰る家も無くなったのでしばらく行ってませんでしたが、つい最近同窓会があって10年ぶりぐらいに行ってみるとまぁビックリ。

家から徒歩1分の場所にコンビニが出来てるわ、少し歩いた先の大通りにドンキ出来てるわ、ファミレスまで出来てるわ。

これが日本でも有数の田舎だと思えるような場所かと、日本の底力を感じたような気がします。
少子化でこれからどんどん人口減っていくだろうに、なぜ施設を増やすのかは甚だ疑問。

でもね、こんなクソ・ド・田舎でもトイレに困ることが無くなると思うと、ますます立ち小便という子供にとってのスリルも無くなると思うと、一抹の寂しさを感じてしまいますね。







同級生に聞いたら、どんどん過疎化してるそうです。
つくづく何故増やした。

最新記事
プロフィール

極東みのるjr.

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。