極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流出物。共有ソフトから流れた個人撮影、女子のアソコ。



エロゲバさんから、衝撃映像です。

つい最近、実際にあった流出被害の実録漫画を読んだばかりなので、僕としては戦々恐々です。

流出に代表されるような共有ファイルを使ったりしてるわけじゃないんですけど、それでも当然安心は出来ません。
仮にネットの技術的に流出するような状態に無くても、友達が家に来た時なんかはPCを貸したりする事もあるので、人の手で流出する可能性だって無視できない。

実際、ネットに流出したことで人生がめちゃくちゃになってしまった人もいますから。

そんな例を聞くと、仮に流出ファイルを見つけたとして、その時本人に教えるべきかどうかに悩みますよね。

教えたところで既に流れてしまってる以上、火消しは不可能だし。
本人からしたら絶望感しか残らず。
それでもそのファイルがアップされてるところを虱潰しに探して、削除依頼出すって行動を取れるだけマシですかね。

あーでも怖いなぁ。






バレるー。エロアニメ収集癖がバレるー。
あと、一般アニメのパンチラとかおっぱいシーンを抜粋して編集したファイルを年代ごとに整頓してるのがバレるー。

流出ファイル。カップルのハメ撮り、若気の至り。



エログ大魔神さんから、衝撃ファイルです。

個人的に撮影した映像や画像が流出、こういった事件は後を絶ちません。

例えば僕らみたいにネットで流出モノを見れるような人は、まぁ自衛の策を取ると思うんですよ。
普通の人よりは念入りに。簡単に流出することを知ってるから。

案外、ニュースでしか流出騒ぎを知らない人たちにとっては「流出=企業による個人情報流出」の図式が出来上がってますからね。

僕の友達で、普通の会社で働き、普通の家庭を築いてる人がいるんですが、やっぱりそんな感じ。
まぁ妻子がいる家に置いてるパソコンにとんでもないファイルを保存しておくなんて事は最初から無いだろうけど、それにしたって警戒心が薄すぎます。

「俺のファイルなんて誰が興味もつんだよwww」とか言ってる。
今の奥さんと恋人時代に何度かハメ撮りした事のあるお前が何言ってやがんだ。

お前が携帯に写した旅行の写真見せてくれたとき、悪いけど見ちゃったんだよ。
お前、ハメ撮りした事すら忘れてただろ。僕に何の躊躇もなく携帯渡して。

そういうヤツが一番危ないんだっての。






奥さんとは結婚式で会って以来、一度も会ってない。恥ずかしくてお互い会えない。(奥さんも僕が事故的にハメ撮り画像見たこと知ってます)

彼氏との行為が流出。。。ネット配信の恐怖と、可愛すぎる女の子。



エロゲバさんから、衝撃映像です。

インターネットが爆発的に普及して、個人情報も自己責任の部分が大きくなってきました。
これだけ流出騒ぎが大きくなってるのに「流出した事実」にばかりクローズアップがされていて「何故流出したか、自衛の策はあるか」を大して検証しないのが原因の一つかも知れませんね。

僕も大容量外付けHDD3つ分のエロスで甘美な僕専用データがありますが、個人を特定するようなものは無いのでそれほど深刻に考えてません。
その積み重ねがこの流出騒ぎに繋がってるのかも知れませんね。

ただ実際、僕の個人情報が流出したとして、これと言って何が困ると今一つ説明できないのです。

パソコン上にこれといった友人やら家族やらの情報を保存してないし、精々僕の趣味が事細かにわかるだけ。

仮に住所がバレたとしても元々賃貸で何の思い入れも無いから引っ越して住民票ロックすれば問題ないし、精々「なんか二次元が妙に多いな」ってバレるだけ。

嫁や子供がいれば迷惑かけるかもしれないけど幸か不幸か幸いだし、精々僕がMだとバレるだけ。





正直、暴露日記とも言えるこの極東えろぐ以上の情報は無いと思います。流出どころか公開。

流出。モデル並の美女、個人的な画像。



エロゲバさんから、流出画像集です。

いま思い出しても顔からベギラゴンが放出されてしまうほど恥ずかしい思い出。

僕が希望を抱いて上京したばかりの頃。
当時は子を心配する親の説得と、自分も貧乏学生になる事がわかってたのもあって、既に上京していた姉との共同生活がスタートします。

最初は居候のつもりである程度自分だけで生活できるようになったら出ていこうと思ってたんですが、なんだかんだで数年一緒に暮らしてました。

ある日、家に帰ると姉はおらず、リビングにビデオカメラが置いてありました。
「あ、姉ちゃんが買ったのかー」とスルーしてたんですけど、このビデオカメラ、何故か数日間置きっぱなし。

ちなみに、姉はマスコミ関係で働いてて夜が遅い分、朝は少しゆったり。
僕は逆に肉体労働系のバイトだったので、朝超早く夕方に終わる仕事。

これがまぁ見事に会わない。家族であり、同居してるのに会わない。
一度法事で父の実家に行ったとき、3ヵ月ぶりに顔を合わせて「あ、久しぶり」とお互い言い合うと、周囲はザワザワ。一緒に住んでるんじゃなかったっけ?という空気でザワザワ。

だから数日放置されてるビデオカメラの理由も聞けずじまいでした。

しばらく置いてあったことで、「姉のもの=触ってはいけないもの」という感覚が薄れたんでしょうね。
ここは一つ、自分を映してみようと試みます。僕の人生、初の個人撮影。

とは言っても何かするわけでもなく、自分を客観視したいだけなので、適当に5分ぐらいタバコ吸ってテレビ見てるところを映してるだけ。

録画を終え、再生。
うわー、カメラの方向に目線を持って行ってないけど、すっごい意識してるー。ださー。こんなマヌケなのか僕は。そんな感想を抱きながら、カメラを再び放置のラビリンスへ。


消去すんのすっかり忘れてた。
思いだしたのは、姉が持って行ったであろう、リビングからビデオカメラが消えた数日後。


あわわわわわ。姉ちゃん絶対見てる。恥ずかしいぃぃぃぃぃぃぃぃ!

子供の頃から結構多いのよね、こういうの。
しかも見つかるのは大体姉ちゃん。

小学生の頃に描いていたマンガの続きでも練るか!とノートを広げてみると、姉の字で「へたくそ」と書いてあったり。

そろそろ思春期も差し迫った頃に、女体を想像で描いてたのも見られた形跡があった事も。


姉は何故こうも僕の見られたくないものを片っ端から見ていくのだろうか。
僕にとっては爆弾みたいな女です。







その全ての導火線に火を点けてるのは、まぁ僕です。

素人による投稿、拘束プレイにバイブ、生。処女なんですけど…。



エログ大魔神さんから、衝撃映像です。

昨日に引き続き、処女モノ。
同じ処女モノでも「可愛いのに処女」という、言わばほのぼのとした内容だったのに対し、こちらは「処女なのにこんな目に…!」という凄惨な内容。

ある程度、性と恋を意識するようになる思春期突入時は、処女を捧げる相手に夢見るのが女子。いや知らんけど。

それがこのプレイですから。
いい年したおっさんで、風俗に行けばSもMも甘んじて受けてやんよと風俗嬢どころか受付のお兄さんまでドン引きさせたド変態な僕でさえ、こんなプレイはしません。

それなのに処女でここまで高レベルな事されたら…。

僕はそれなりに性に関しては普通でした。
童貞を失った相手は当時の恋人だったし、その後も風俗覚えるまでは恋愛関係にある人以外では経験が無かったし。

基本的に正常位しかしなかったし、「終わった後冷たい男って嫌よねー」ってから騒ぎで言ってたのを思い出してピロートークに全力を注いだり。

確かに今は変態ですよ。

痴漢プレイで服剥ぎオプションとかフル活用で楽しんでますよ。
「女社長と新入社員」って設定で罵られながら手コキしてもらうことも屡ですよ。

でもそれは風俗のお話。
私生活では出会い系で知り合ったような子も含めて、ノーマルなプレイしかしたことが無い。

初めての相手にここまでされたら、一体どんな女性になっていくのかしら。

たまに本や漫画で「最初に変態プレイを植えつけられ、その後は何をしても満足できないド淫乱に」って描写を読むけど、どんな本読んでんだって話ですけど、何となくわからないでもないなぁ。






ド淫乱とド変態、うまくいくような気がする。
宙づりにされながらフェラ、もしくはクンニするのを前提にお付き合いしませんか?

嫁の妹と。※投稿映像



エログ大魔神さんから、衝撃映像です。

これ似たような話を聞いた事があります。

嫁の姉妹と、夫の兄弟と、そういう事例って実はそこそこあるんですよね。
彼氏・彼女の姉妹兄弟と、ってのも含めたら更に。

結局は他人ですからね。条件で言えば自分の恋人や配偶者と何も変わらない。

火遊びなのか本気なのかは、それぞれ異なると思うけど、楽しくなって止まらない!って部分は浮気に似てます。


浮気で思い出したけど、これまた強引に父親の話。父親が母親(妻)の妹と、って話じゃなく、純粋に父親の浮気話。

僕の父親が変態なのは先刻ご承知の事と思いますが、父親はとにかく女好き。
僕が中学生の頃、何やら両親がモメていらっしゃるのが聞こえて、どれどれと聞き耳とチンコを立ててたんですが、どうやら父親の風俗話。

当時父親は白のブリーフを穿いてたんですけど、内側に口紅が付いていたと。そして父親は知らぬ存ぜぬを通そうとしてる。

「知らん!!血だろ!!」はその時父が残した名言。

後年、既に成人となった僕が父に聞いたところ、血じゃないって。口紅で合ってるって。その日、風俗を三軒ハシゴしたんだって。ばーか。


結局ね、夫の不祥事ってのは奥さんが全部ひっかぶるわけですよ。
母親は父親以外に男を知らないような、純なオボコ娘のまま結婚してるから、夫の浮気はどんな形であれ許せない。

でも父親は、女遊びが当たり前、女遊びが出来ない男に仕事は出来ないって時代に育ってるから、この二人、どうあっても相入れない。


変な話、父親はそこそこ早く、年金を受け取れない年齢で死んだので、数年経った今、仮に生きてても日本人平均寿命にはまだまだ余裕がある年齢。

だから今生きてても全然不思議じゃないけど、もし今生きてたら熟年離婚してたんじゃないかな。

最近、母親に「なんで離婚しなかったの?」と聞いてみると、「それが自分にもよくわからなくてね…」と言ってたので、精神的におかしかったんでしょう。通院してたし。
そういう綱渡り状態。


でも僕はそこも含めて父親を面白い人間だと思ってましたね。まぁ僕も男ですから。
男の心情からすると、父親の行動は理解できます。

理解できれば、こんなに面白い男はそうそういないぜって話です。







自宅から徒歩5分の場所に愛人囲ってたときは、こいつ心底バカだなって思った。思ったです。

最新記事
プロフィール

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。