極東えろぐ

世界中から拾った動画を、極東よりお送りします
お知らせ
極東えろぐは引越し致しました。

※新URL http://fareasterog.com/
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の教え子を自宅に呼びこみ、犯す教師。加害者は逮捕。



オメライン99さんから、衝撃映像です。

個人が特定されちゃうので詳細は書けないんですけど、そう言えば僕の弟が大学に在学中、学校関係者が逮捕された事件がありました。
僕自身は大学に行ってないので今一つシステムがわからず、教授だか助教授だか知りませんが、そういう先生側の人。

弟はその先生と直接面識すら無かったらしく、あったとしても淡白で無感動な弟だけに、平気で大学に通ってました。

僕らはついつい、先生という存在をロボットのように捉えてましたよね。
中学生ぐらいまでかな、「先生はこうあるべき」というものがあって、そこから逸れるなんて考えてもいなかった。

間違った事などするはずもない、ただ生徒に対して教育を施すだけの存在と。

でも、やっぱり人間なわけですよ。

風俗に行ったとかエロビデオ大量所有とか、僕ら一般の社会人と同じことをするわけですよ。

で、僕ら一般の社会人と同じようなイケナイ妄想をしてるわけですよ。
僕ら一般の社会人の中には、その妄想だけじゃ収まりきらずに行動に移してしまう大バカ者がいるわけで、数や確率に違いはあれど先生も同じなわけですよ。

だけど先生は、やっぱりこういう事をしちゃいけん。
言い方は酷だけど、完璧人間じゃなきゃダメなのです。

子供を「100点の人間」に育て上げるには、親や教師が120点じゃないといけんのです。

僕の従弟を見習いなさい。
まだ先生にもなってない大学生だけど、教師になるため必死に勉強して、必死に熟女好きになろうとしてますよ。

これ僕が勧めたんです。生徒に手を出すような教師になるな的な意味を込めて。
生徒の母親に手を出すかも知れないけど。





従弟の母親である叔母さんは、僕と従弟を会わせようとしなくなりました。叔母さん、その行動120点。

教師と女生徒の、映像。



エロゲバさんから、衝撃映像です。

僕が高校生の頃、2・3年の担任だった先生が嫌いで仕方がなかったんです。
これね、不思議な事に反抗ってわけでもないんです。

納得できない事をさせられたり、もっと単純にちょっとした事を否定されたような僻み根性で反抗したりするじゃないですか。

そういうのが一切なく、むしろ余り接点を持ってないのに何故か嫌いでした。
今思えば、俗に言う「ウマが合わない」「生理的に無理」って事なんでしょうけど、人生で初めての事だったので混乱したものです。

どんどん嫌いっぷりがエスカレートしていって、国語教師だったんですけど『この先生は嘘を教えてるんじゃないか?』って疑うようになって。

その割に国語の成績は決して悪い方じゃなかったんですけどね。もう自分で自分がわからん。

おばちゃん先生だったので話ぶりは穏やかだったし、理不尽な事で怒るような人でも無かったし、特に嫌われる要素が無いんです。
多少顔がガマガエルっぽかったけど、思い返してみれば良い先生。

もしかしたら、女を感じてたんじゃないだろうかと。

中学以降、僕は担任は男教師ばかりで、思春期の頃に妙な連帯感があったのに、急に女の先生になったから「女」を意識してたのかも知れないと。

いや、先生に気があったとかそんなんじゃなく、女のなれの果てがこれかい、夢も希望も無いわ的な意味で。
大体同世代の母親の気持ち悪さを、何となく特例だと思ってたんですよね。実際、キレイな友達のお母さんもいるから。

僕らが年をとれば、当然親も年をとるわけで、どんどん老化していく身近な「女」を見ていく中で、思春期の単純な脳では処理しきれなかったんじゃないかと。








「先生、臭い」と言ったら親呼ばれてめっちゃ怒られてからは、妙な連帯感を持ったワキガの春。

体育の授業そっちのけで女子を甚振る教師。



神動画.comアダルトさんから、衝撃映像です。

先生と言う立場は憧れであったり畏怖であったり尊敬であったり。
僕は今まで小・中・高とそれなりに担任には恵まれた環境下にあったので、おかしな先生がいない分、理不尽な事で怒られる事もなかったから「畏怖」でしたね。

だって怒られてる時、自分が悪くて怒られてるんだもの。反抗なんかできますかいな。
先生に怒られて親に愚痴れば、親も「お前が悪い」で二度怒られる。一粒で二度不味い。

こちとら子供ですよ。
あった事を客観的にじゃなく、主観を満載にしてしかも自分の都合の良いように曲解して歪曲して捏造して親に愚痴ってるのに怒られちゃ四面楚歌にも程がある。

だから今のモンペだなんだってニュースやら某掲示板やらで見ると、「アホがwww子供信用してどうするwww」とか思うんですけど、一方ではやっぱり今の子供が羨ましい。

間違って無くても理不尽じゃなくても、先生の誤解で怒られる事だって何回はあるわけですよ。
僕なんかその誤解で停学になりかけた事だってあるぐらいです。

それでも親は「お前が悪い」ですから。
いや、誤解だと信じてくれないって事じゃなくね。

「誤解されるような行いを普段からしてるお前が悪い」
「ふてくされず誤解を解かないお前が悪い」

いや、それを言われたら返す言葉も無いんですけど、それにしたって学校に「息子はこう言っております、もう一度調査してもらえませんか?」の一言があっても良いじゃない。


ちなみに、誤解されたって案件はタバコです。

数人でタバコを吸ってて、先生が見つけて大声で叫んだら散り散りになって逃げたと。その中に僕がいたと。
もちろんそんな事実は無く、必死に抗弁して、アリバイを証明して無罪放免となりました。

ちょうどそれぐらいの時間、本屋で立ち読みしてた事を店員さんが憶えててくれて、停学が決まりかけた頃ギリギリで証明してくれました。

よかったー。






店員さんの印象に残ってて良かった。
やってみるもんですね、高校の制服着て2時間エロ本立ち読み。

女子卓球部員、合宿で逃げ場なし。



オメライン99さんから、衝撃映像です。

学生時代、同じスポーツでありながら男子と女子が完全に分かれてる部活ってありましたよね。

バスケやらバレーやら、基本は球技が多いかな。
陸上なんかは競技になると男女別になるし「男子陸上部」「女子陸上部」って各々の看板があっても合同練習してました。卓球部もそうかな。

僕が学生時代、この「女子~部」というのが実にイヤらしく感じてました。イヤらしい学生だからです。

女子バスケ部って略すと「女バス」って言うじゃないですか。じょ、ですよ。じょばす。
女だらけのバスって昇華させてイヤらしく感じてるんじゃなく「じょ」って音に反応してる感じ。

僕が通ってた学校は特にスポーツに力を入れてるような学校でも無かったため、とにかく練習は曖昧。
バスケやバレーですら、合同練習する事が多かったらしく、男子対女子とか、男女混合チームで練習試合とか、そんな事もあったそうです。

いやもうエロい。お前ら何考えてんだ。

塾が一緒だった友達が所属してた事もあって、よく卓球部に遊びに行ってたんですよ。部活終わったらその友達と一緒に塾行こうぜ的な流れで。

「女卓集まってー」とかって単語が出る度にドキドキして仕方なかった。
じょたく・・・じょたく・・・と悶々としてた思春期。







じょじゅうは無いな、自分の部活に誇りを持てなかった柔道部員が僕です。

家庭訪問でやってきた担任教師に襲われる。無修正。



ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、衝撃映像です。

家庭訪問ってどういう意味合いでやってるんですかね。
小学生の頃、先生に聞いてみると「普段のお前達がどんな生活をしてるか知るためだ」的な事を言われたんですけど、じゃあ知ったの?と聞くと曖昧な答えしか返ってこない。

そりゃそうだ。
先生が来るからとメイクも服装もバッチリきめた母親が、普段子供に絶対出してくれないようなお茶とお菓子を用意して、部屋もいつもより念入りに掃除した状態をホンの10分見て、何が普段の生活か。
先生が帰ったあとにホレおやつと手渡された芋けんぴを食べる子供たちの惨めさをわかってるのか。

いいからこの家で1ヵ月過ごしてみろ。嫌でも普段の生活わかるぞ。
母親も1ヵ月経つ頃には地金が出てくるだろうし、父親なんか初日から地金出すぞ。

小学校入学から高校卒業までの12年間で、僕の歴代担任になった先生方で父親が唯一憶えてたのが小学1年生の頃の若くて綺麗な先生だけだと言うスケベぶりだぞ。

第一リビングで親と話してたよな。
普段はリビングに平気で親父所有のヌードグラビア満載の週刊誌置いてんだぞ。それ知らんだろ。

さぁ、そんなわけで現代教育への痛烈な批判で始まった本日の記事ですが、現代教育への痛烈な批判で終わるつもりです。また明日~。







「だって、お前の担任、男なんだろ?」の一言で父兄参観を断った父親をもつ子供として育ちゃあ誰でもひねくれるわ。

爆乳の家庭教師、成績向上のご褒美は?



神動画.comアダルトさんから、衝撃映像です。

もうね、家庭教師と言えばこんな想像しか出来ませんよ。
家庭教師を雇った事が無いからそうなんでしょうね。

男の家庭教師は鬼畜、女の家庭教師は淫乱。そうじゃないと話が始まらない。


我が家では、姉と弟が結構勉強できました。
特に姉は正式名称に「女学院」と名がつくとんでもなく格式高い女子校を卒業後、短大に進学。半年の勉強で難関の芸術学部に合格。

その後、マスコミ関係に就職して、今じゃ某テレビ局のディレクター。

この話には関係ないので省略しますが、父も弟も学歴は高い。


インテリ一家に囲まれて、僕は一人で落ちこぼれ。
高校は「自分の名前を漢字で書ければ合格できる」という伝説が根強く残る、普通科では断トツで県内最下位を誇るウンコ高校に進学。

高校卒業後、願書を出して受験票か面接案内の通知が来るかと思ったら、通り越して入学許可書が送られてくるようなパンチの効いた専門学校に入学。出席率70%を超えてたら無条件で卒業できる学校。55%だったけどレポート「何故私は学校を休んだか」を提出したらあっさり卒業。

とにかく勉強が嫌いだったので、結局はなるようになったんですけど、優秀な姉と弟に囲まれて窮屈な思いをしたものです。

でね、その姉が我が家では唯一、家庭教師をお願いしてました。
とは言っても我が家に呼んでたんじゃなく、家庭教師を雇ってた姉の同級生宅に出向き、2人分のお金を払うからと友達と一緒に授業を受けてたんです。






個別指導の塾に行けば良かったんじゃね?


そこに気付かない、インテリ一家はなんだかんだでアホだと思う。

美人家庭教師の弱みを握り、肉奴隷にする方法。



神動画.comアダルトさんから、衝撃映像です。

家庭教師はバイトの方も多いとは言え、やはり教師である事に違いはありません。
思春期にとっては、学校や塾の先生より近く、それでいて頼りになる存在。だと思います。家庭教師雇った事ないからわからない。

ヘレン・ケラーに出てくるサリヴァン先生を想像して、こんなスパルタなの?!と家庭教師を頑なに拒否した少年時代。この頃からダメ人間の気質は脈々と息づいてたわけです。

小学生の高学年になると、親が塾か家庭教師を進めてきます。
正直、僕は習い事が嫌いで、出来る事なら通っていたサッカークラブも辞めたかったぐらいなのに、放課後の楽しい時間を潰してまで通ったり来てもらったりは我慢できませんでした。

「お金の無駄ですよ、ご両親」と必死に説得を試みたんですが、「無駄になるかどうかはお前次第だろバカ」と心の底から納得できるご回答しか返ってきませんでした。

ここはもう諦めるか・・・と先述の理由で家庭教師を避け、僕は塾を選択したわけです。

これが失敗でした。
僕が通ってた塾は所謂大手の塾。「個別指導」なんて今じゃ当たり前の売り文句だけど、当時は「個別指導=個人塾=実力不足」のようなイメージがあって、まだまだ定着してない時代。

学校と何ら変わらない授業。
学校で勉強した結果が悪いのに、学校と何ら変わらない塾に通って成績アップを望めるわけもなく。

ますます勉強嫌いに拍車がかかり、学校や塾以外では一切勉強しない子供になりましたとさ。
お陰で高校は「普通科ではダントツで最下位の偏差値・自分の名前を漢字で書ければ合格」との呼び声高い学校に通う事になりましたとさ。

結局ね、家庭教師でも結果は同じだったかも。
それこそサリヴァン先生みたいな人が来てくれなかったら意味が無かった、そんな子供だったと思います。





サリヴァン先生の胸の谷間が気になって仕方ない子供だったと思います。

最新記事
プロフィール

Author:極東みのるjr.
こんにちは、みのるの息子です。
ろくすっぽ動画の内容も書かずに、ひたすら暴走を繰り返すブログですがどうぞ宜しくお願いします。
こんなブログでも相互リンクをしてくださるなら、ジャンピング土下座も辞さぬ覚悟です。
そしてもし美女ちゃんがいましたら、僕と子作りを前提に付き合ってください。
ご連絡はこちらまで↓
fareasterog★yahoo.co.jp



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。